2009年11月23日

古本屋にて時間を忘れる

家族が嫁さんの親と出かけ、ふいに自分一人の時間ができ、普段ゆっくりできない古本屋でじっくりと品定め&大人買いをしてきました。

ご訪問いつもありがとうございます。

家族と一緒に古本屋に行くと、必ず子供たちの面倒を見なければならず、自分の興味あるものを探す時間はありません。一番上の子は自分で漫画など立ち読みできるようになり、その分だけは楽になりましたが、まだチビがいるのでお相手&絵本探しなどで時間を潰さねば嫁さんの本が買えないので私がお相手役。嫁さんが品定め終わる頃には子供たちはちょうど飽きる時間なので店を出る、というパターンでした。

そんなこんなで自分で本を探せる今回の時間は非常に貴重です。さっそく品定め。まずは漫画。定価で買えば買えるものでも古本屋で売ってれば少しでも安く買えるので探してみるが、在庫なし。最新刊が出てもすぐには買わなくてもいいほうなので古本でもいいと思いつつ、いつも買えないので、帰りに本屋で買うことにしました。

久しぶりに文字ばかりの本で興味がありそうなものでも探そう・・・なにしろ時間制限がありませんので気楽に、のんびりと。

一時ナニワ金融伝にはまったのですが、その作者が昔に出した本が何冊もありました。ちょっと見てみると、カードの危険性や保証人制度が悪い、などなど、まさに漫画で得た情報そのもの。お値段100円。さっそくキープ。

雑誌など立ち読み。漫画も立ち読み。ふと上のほうを見ると、漫画が束で売っている。同じ漫画の1巻から数巻までのまとめ売り。1巻当たりにするとあきらかに安い。その中で目に留まったのがドカベンプロ野球編。上の子が図書館でいつもドカベンを読んでいて、それを私も読んでいたのです。

プロ野球編の存在は知ってはいたものの、積極的に購入するほど欲しいわけではありませんでした。しかし、めちゃくちゃ安い。1巻当たり50円。自分でも読むし子供も読むし・・・購入に躊躇する値段ではないので大人買い。

結局子供のために本を選んでいる自分・・・まあいいか。
posted by ヒットマン at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。